講演活動・食育活動

〜ご挨拶〜

「いい野菜が当たり前になる」事を目指し、野菜の販売を行っております。
「食育」という考え方は様々ですが、僕自身は「毎日食べるもので身体はできている」という考え方から、毎日の食事がしっかりしたものであり、ちゃんとした食材で身体を作ること、そうしやすい環境を作る事が「食育」ということではないかと考えています。
僕にとって最大の食育活動とは「いい野菜がいつでもどこでも当たり前に買える環境にする」、そういう世の中になってもらうということなのですが、いかにいい野菜を作られる生産者の方が多くいらっしゃり、理解あるいい野菜を求める販売者の方が多くいらっしゃったとしても、いい野菜に価値を感じ、手に取ってくださるユーザーの方がいらっしゃらなければ結局は広まっていきません。

僕の出身は兵庫の宍粟という山奥です。
実家の裏には山があり、目の前には川があり、その向こうは田んぼがあり、隣には畑があります。
ゴールデンウィークは田植えの手伝いだったり、小学校の土曜2時間目は「農園」という科目だったり、夏休みは川で魚を獲って遊んだり、冬場にはご近所さんから猪の入ったボタン汁を振る舞ってもらったり。
何かと食べるものの育つ環境を間近に見てきました。
また、実家から最短のコンビニは今でも車で15分、最短のファーストフード店は20分かかります。その上母親が食べ物に気を使ってくれ、祖母が手作りの漬物や料理など作って食べさせてくれる環境で育ちました。

食べる事は大事な事で、食べ物を作る事は長い時間もかかるし、手間もとてもかかる。
食べ物というのは「有り難い」ものだという考えは自然に身に付いている様な気がします。
そして食べる事を気にかけてあげることで大きな病気をすることなく、薬などに頼る事なく不自由なく生活できています。

食べる事を意識する事で、より豊かな生活が送れるのではないかと思っています。
諸々の話だったり、産地ツアーなどのイベントというのは一つのきっかけだと思います。でも、何かのきっかけがなければ人の意識がかわることなく、素足で行った田植えの経験やもぎたてのトマトの青臭い香りというのは僕の記憶に鮮明に残っています。
そうしたきっかけの一つとして自分の知識や農家さんとのつながりが少しでも活かせればと想い活動しております。

CA代表 福原悟史
関西大学工学部生物工学科卒業。
学生時代より独学で有機野菜の移動販売を始め、
現在では芦屋市内にて店舗販売、個人宅配、百貨店やレストランへの卸販売などを手がける。
雑誌、テレビをはじめとするメディア取材も多数ご依頼いただいており
地域の主婦をはじめ、有名店のシェフや高級スーパーのバイヤーなどから
野菜に対する知識やその選び方に対し絶大な信頼を得ている。
その他個人的な活動として、食育活動や地域活性事業、講演活動なども行っている。

講演実績

2012/07 NHK文化センター「野菜の見分け方」
2012/08 NHK文化センター「野菜と美容」
2012/09 NHK文化センター「野菜と健康」
2012/10 よみうり神戸文化センター「野菜の見分け方」
2012/11 よみうり神戸文化センター「野菜と美容」
2012/11 西宮まち旅博「野菜の見分け方」
2012/12 よみうり神戸文化センター「野菜と健康」
2013/01 よみうり神戸文化センター
「野菜の見分け方・扱い方」
2013/02 よみうり神戸文化センター「野菜の雑学」
2013/03 よみうり神戸文化センター「野菜と安全」
2013/04 よみうり天満文化センター「野菜の見分け方」
2013/05 よみうり天満文化センター「野菜の雑学」
2013/06 よみうり天満文化センター「野菜と美容・健康」
2013/06 美心塾 「野菜と美容」

食育活動実績

2011/06 マルメロさん・林農園さんとの
産地ツアー「畑とゴハン」
2011/10 五色給食センター米飯回数・地産率向上事業
2011/12 酒井農園・産地見学とささらい野菜料理の会
2012/08 アグリヘルシーファーム・子ども産地ツアー
2012/10 TOSCAさん・林農園さんとの親子産地ツアー
「料理と畑に学ぶ親子の一日」
 
Copyright © CA All rights reserved.