農業の新しいスタンダードを築く

CAでは「美味しくキレイな無農薬野菜」


をお届けしています。



CAの野菜選びの基準とは



1、農薬・化学肥料を使用しないこと(一部の果物を除く)


2、自然の状態に近い肥料を適度に使用し、健康的な土作りを行っていること


3、硝酸値が低く、食味が良いこと



以上の3点を中心に選んでいます。



美味しい野菜を作るには、畑の土作りがとても大切です。


土を作るにはその畑の元々の環境なんかも影響するのですが、


どのような肥料を用いて、どのように育てるかがとても大事になってきます。



野菜が健やかでキレイに育つことができる畑。



土に適度な栄養素・ミネラル・微生物が存在し、


硝酸態窒素など養分が過剰でないバランスのとれた状態。


その状態を作ることが、美味しい野菜が育つ条件だと考えられます。


土作りを主体とした時に使用される肥料には様々なものがありますが、


米ぬかやモミ殻などの植物性のものを発酵させたたものや、


マメ科であるへアリーベッチなどの植物を肥料かわりに植えたり、


完熟した動物性堆肥を少なめに使用する事などがあげられます。


こうした肥料は直接野菜にきくということもありますが、


多くはその土壌のミネラルバランスや栄養素のバランスを整えてくれることに


大きく効果を発揮するものだと考えられます。


土壌のバランスが整えばそこに多くの微生物が住み着く、


微生物が住み着けばそこに多くの虫や生き物が生息するようになる。


一つの循環が始まり一つの生態系が生まれる。



この状態が理想的な土作り、健康的な土作りだと思います。



そういう畑で作られた野菜は、自ら根を伸ばし土の養分を自ら吸収しようと努力し、


じっくり、そして丁寧に一つ一つ自身の細胞を作り上げていきます。


無理なく自然に近い状態で育つため病気や虫に強い、


健やかでキレイな野菜に育ってくれます。



そしてそのように肥料が過剰でない、バランスのとれた状態になると、


野菜自体もバランスのとれた状態になります。


それを測る一つの目安が硝酸値といわれている値。


野菜は根から養分を吸収し、光合成などを経て自分の体を作っていきます。


でも肥料が多すぎて消費しきれなかった窒素などの成分は


野菜が自身の中に溜め込む性質があります。


その溜め込まれた窒素が少ないとバランス良く育った証拠。


そうなると野菜の味が甘み・風味は強く


でもエグミの無いスッキリした後味になってくれます。




健やかに育った野菜は見た目もキレイです。


自然を見て美しいと感じるように野菜や畑をみて美しいと感じる事があります。


いい環境で育ててもらった野菜達は健やか美人になる様です。


(もちろんたまに虫食いなどはありますが、、)



農家の方々が心を込めて丁寧に作ってくださった野菜達。


いいものであるからこそ、


鮮度の良い、いい状態でお届けする。


それがCAの役割であると考えています。


 
Copyright © CA All rights reserved.